Sample Company

みんなが笑顔で暮らせる村

各種申請様式ダウンロード

事業計画

2019年度喬木村社会福祉協議会事業計画 

 

   基本理念

社会福祉法人喬木村社会福祉協議会は、社会福祉事業の健全な発展や事業活動の活発化により、地域福祉の推進を図り、誰もが安心して暮らすことができる心豊かな福祉社会を目指して、地域や関係団体などと協働して取り組みます。

 

 2 基本方針

(1)利用者の人権を尊重し、利用者や住民の皆様の立場に立った福祉サービスの提供に努めます。
(2)地域の福祉課題への取り組みや福祉水準の向上を目指して、地域に信頼される法人に努めます。
(3)地域住民、団体の皆様と一緒に連携を図り、地域福祉を推進します。
(4)事業の持続的発展を図るため、安定した経営に努めます。

 

 3 事業の実施計画

(1)法人運営

ア 理事会(年6~7回)、評議員会(年3~4回)の開催
イ 理事(任期2年)の選任、評議員(任期4年)の選任
ウ 諸規程の改正・・・必要に応じて
エ 自主財源の確保対策・・・社協の会員確保と賛助・特別会員の増強
オ 赤い羽根共同募金運動の展開
カ 資格取得のための支援

 

(2)地域福祉活動

ア 喬木村福祉大会の開催(共同募金配分金)・・表彰・講演会
イ 希望の旅事業(共同募金配分金)・・障がい者と介護者の日帰り旅行、交流(年2回)
ウ 地域活動支援・・住民支え合いマップ作り支援・地域の居場所づくりの推進
エ 福祉教育支援事業(共同募金配分金)・・地域交流・職場体験(3校へ補助金交付)                                         
オ ひとり暮らし高齢者(稲穂会)の集い(共同募金配分金)・・日帰り旅行(年3回)
  対象者・・介護保険を利用していない者・独り暮らし70歳以上。                 
カ 要援護者支援(共同募金配分金)・・歳末おせちづくり配布
キ 福祉啓発活動(共同募金配分金)・・社協だよりの発行(年4回)、村広報誌掲載
ク 共同募金への協力・・一般募金活動10月から12月、法人募金活動11月初旬     
ケ 福祉団体との連携・・喬木村身障協、手をつなぐ育成会、ぎんなんの会
コ 高齢者クラブ、遺族会、結婚相談員会の事務局業務(村から受託)
  高齢者クラブ(マレットゴルフ大会等)、遺族会(靖国神社参拝等)、
  結婚相談員会(定例結婚相談日月1回、婚活イベント等)
サ 災害対応学習会(共同募金配分金)
シ 生活支援事業・・高齢者の在宅生活を支える活動の推進                                      ス まいさぽ出張所・・生活困窮に対する相談窓口

 

(3)ボランティア活動

ア ボランテイア育成・活動支援(共同募金配分金)
 ボランティア育成、ボランティアの登録・紹介・活動支援、収集ボランティア(ペットボトルキャップ・古切手・書き損じ葉書収集)、サマーチャレンジボランティア開催
イ ボランティア講座開催・・介護予防サポーター養成講座、認知症サポーター養成講座
ウ サロンの活動支援(21グループ)・・職員派遣・講師紹介
エ ふれ愛広場(共同募金配分金)・・子供や地域の皆さんとの交流イベント(年4回)
オ 大規模災害に備え、災害ボランティアセンター立上げ訓練を行う。
カ 啓発活動・・ボランティア情報誌発行(毎月)
キ 地域の縁側ボランティア健康相談室の支援(毎週月曜日)
ク ボランティアセンターの運営
ケ 認知症・認知症予防カフェ開設・・認知症の人、家族等が集まる居場所づくり
コ ボランティアセンター主催事業(共同募金配分金)・・ボランティア団体による学習会、体験事業等支援

 

(4)介護保険事業等

【居宅介護支援(ケアマネ)】

要介護状態となった場合においても、利用者がその居宅においてその有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるように支援します。

ア ケアプランの作成、介護相談
イ 利用者家族の会の開催・・通所介護、訪問介護事業所と連携して学習会の開催支援
ウ ケース検討会・・事業者とケアマネとの情報の共有
エ 北部ブロック地域包括支援センター・介護支援専門員連絡協議会等への参加
オ イズムリンク(飯田下伊那診療情報連携システム)への対応
カ 各研修への参加

訪問介護(ホームヘルプ)】
住み慣れた自宅で、その人らしく安心して暮らしを続けられるように必要なサービスを提供します。

ア 介護予防・日常生活支援総合事業(対象者は要支援及び必要と認められた者)
 ① 訪問介護・・前年からの継続利用及び必要と認める者の身体介護援助サービス
 ② 訪問型サービスA・・利用者の自立を支援する生活援助サービス(旧生活支援 ホームヘルプサービス)
イ 訪問介護・・要介護認定者の心身の特性に応じた必要な支援を行う。
ウ 障がい福祉サービス
 ① 障がい者総合支援法に基づき居宅介護、重度訪問介護、行動援護支援を行う
 ② 屋外での移動が困難な障がい者等が外出するための移動支援を行う。
エ 誕生日に手作りの色紙をプレゼント

 

【通所介護(デイサービス)】

同じ地域に暮らすなじみの方々と住み慣れた地域で生活を続けられるよう、安心・安全・自立を支え、介護者の皆様を応援し、その人らしく生活を送れるよう援助します。

ア 村内名所めぐり・・さくら、くりん草園、もみじ、ポピー園、銀杏並木等
イ アニマルセラピー・・動物との触れ合い 
ウ 地域社会との交流・・二園の保育園児・ボランティア・異世代との交流
エ 給食参観・・利用者家族の試食と意見交換
オ 健康運動指導士による運動機能向上訓練・・軽体操、個人指導(週4回)

 

 【宅老所】
家庭的な雰囲気の中で、少人数の個別介護を提供します。伝統行事・縫い物・畑作業等今まで培った経験を取り入れ、生き生きとした居宅生活に反映できるよう支援します。

ア 野菜・花を育て収穫し、話題を持つ。
イ 社会参加・・行楽・ボランテイアとの交流・村文化祭作品展示
ウ 利用者家族会の開催・・家族による参観と懇談
エ 宅老所運営推進会議開催・・地域との連携を図るため、活動報告・要望等を聞く。


【いきいきクラブ(介護予防・日常生活支援総合事業)】
地域の人たちと共に出かける楽しみを持ち、自ら介護予防と自立した生活を送るため、健康体操、社会参加、交流を行います。

又、男性の方を対象にした「男塾」や、気軽に参加できる「半日コース」を毎月開催します。

ア 営業日・・月~金曜日  福祉センター
イ 健康維持・・介護予防体操、健康教室、レクリエーション、料理教室、各種学習会     
ウ 社会参加・・季節の行事、村のイベント参加、外食、買い物、製作     
エ 交流・・村内有識者・ボランテイア・子ども達との交流、他地区との交流


【特養喬木荘】
理念:利用者様一人一人の尊厳を守り、その人らしい生活を支え、地域の人々が安心できる福祉施設をめざします。

ア 介護福祉施設(ロング)・・医療的ケアや看取りケアの充実を図りつつ、穏やかに安心して生活していただく。
イ 短期入所生活介護(ショート)・・在宅介護を支える一助として、地域の方々に安心して利用していただく
ウ その他・・配食サービスや、小中学生との交流等、地域住民との交流を進める。

(5)福祉サービス利用支援
ア 心配ごと相談・・毎月1回開催
イ 日常生活自立支援事業・・判断能力が十分でない人の生活支援
ウ 財産保全サービス・・書類等の預かりサービス
エ 生活福祉資金貸付事業の協力・・県社協から受託、資金の貸付と援助指導
オ くらしの資金貸付・・10万円以内の貸付、10か月以内の償還
カ 福祉用具貸出し事業・・長期・短期の福祉用具の貸出(車イス)
キ 訪問理美容サービス(村から受託)・・要介護3~5の寝たきりの者、特別障害者手帳を支給されている者で寝たきりの者
ク 寝具洗濯乾燥サービス(村から受託)・・65歳以上の独居高齢者及び75歳以上の高齢世帯で寝具の管理が困難な世帯
ケ 福祉輸送サービス事業・・高齢者・障がい者等公共交通機関の利用困難な方の、通院のための移動支援(利用料利用者負担)
コ 配食サービス(村から受託)・・高齢者世帯、独り暮らし高齢者への配食サービス
サ 福祉車輌貸出サービス事業・・車イス利用者のための車輌貸出 

 

(6)障がい者総合支援事業
ア 障がい福祉サービス事業・・障がい者総合支援法に基づき居宅介護、重度訪問介護、行動援護支援、移動支援

 

(7)村からの受託事業(再掲)
ア 地域住民グループ(サロン活動)支援事業・・ボランティア活動
イ 福祉団体との連携・・地域福祉活動
ウ 訪問理美容サービス・・福祉サービス利用支援
エ 寝具洗濯乾燥サービス・・福祉サービス利用支援 
オ 配食サービス・・福祉サービス利用支援
カ 高齢者クラブ、遺族会、結婚相談員会の事業支援・・地域福祉活動                                キ 生活支援事業・・地域福祉活動                                              ク 災害ボランティアセンター立ち上げ訓練・・ボランティア活動